歯科自由診療の検索・予約サイト「ハピスマ」

  •  
  •  
インプラントでストレスフリーな生活を" インプラントでストレスフリーな生活を"

インプラントコラム

インプラントコラムでは、インプラントにまつわる気になるトピックを取り上げた記事や、インプラントをおこなう歯科医院を、エリアや歯科医院の特徴ごとにまとめて紹介している記事を掲載しています。

新着記事

NEW

インプラントの治療項目

TREATMENT ITEM
  • 2回法インプラント

    通常おこなわれるインプラント治療。まず歯肉を切開し、顎骨にインプラント体を埋め込む手術をおこないます。インプラント体と骨がしっかり結合したことを確認し、再び歯肉を切開してインプラント体の頭部を露出させ、上部構造(義歯)とインプラント体をつなぐアバットメントを装着します。仮歯が入るまでに2回の手術が必要となります。

  • 1回法インプラント

    アバットメントとインプラント体が一体になったインプラントを使用し、アバットメント部分を歯肉の外側に露出した形で埋め込む方法と、一体型ではなく1回の手術でアバットメントを装着する方法があります。手術が1回で済むため1回法と呼ばれます。 一体型のため強度に優れ、インプラント体頭部が露出しているため骨結合の判断がしやすいというメリットがある一方、外部から力がかかり骨結合が遅れたり、細菌感染を引き起こす可能性があるというリスクもあります。

  • フラップレス手術

    通常のインプラント手術では、歯肉を切開して顎骨にインプラント体を埋入しますが、フラップレス手術では、専用の器具で歯肉に小さな穴を開けてインプラント体を埋入します。歯肉の切開をしないので、術後の痛みや腫れも少なく傷口の治りも早くなり、治療期間が短縮されるというメリットがあります。一方、インプラント体の埋入箇所を視認できないため、埋入手術には通常の切開する手術よりも技術や治療経験が必要とされます。

  • All-on-4/All-on-6

    All-on-4(オールオンフォー)は無歯顎(歯がない)の人に対して4本(All-on-6は6本)のインプラントで片顎すべての義歯を支える方法です。固定式の仮歯を治療当日に装着することができるため、固定を得ることができれば治療したその日にかむことができ、柔らかいものであれば食事も可能となります。埋入するインプラントが少なくなるため、費用の面でも身体的な面でも負担が抑えられます。 しかし、All-on-4は技術が求められるため、治療ができる歯科医師が少ないのが現状です。

  • インプラントオーバーデンチャー

    インプラント体に特殊な部品を取り付け、そこに義歯(入れ歯)を取り付けて固定する治療です。通常のインプラントと違い、義歯を自分で取り外せるため、手入れやクリーニングがしやすいというメリットがあります。また、通常の義歯と比べてしっかりと固定できるので、強くかめるようになるという特長があります。一方、義歯にかかる力が大きくなるため、消耗が激しくなることがあります。

  • 骨造成

    顎の骨の厚みや幅が足りないとインプラント体を埋め込むことができません。骨造成は足りない顎骨に対して人工骨を使い天然骨ができるように処置をして、インプラントができる骨を増やす方法です。

  • 2回法インプラント

    通常おこなわれるインプラント治療。まず歯肉を切開し、顎骨にインプラント体を埋め込む手術をおこないます。インプラント体と骨がしっかり結合したことを確認し、再び歯肉を切開してインプラント体の頭部を露出させ、上部構造(義歯)とインプラント体をつなぐアバットメントを装着します。仮歯が入るまでに2回の手術が必要となります。

  • 1回法インプラント

    アバットメントとインプラント体が一体になったインプラントを使用し、アバットメント部分を歯肉の外側に露出した形で埋め込む方法と、一体型ではなく1回の手術でアバットメントを装着する方法があります。手術が1回で済むため1回法と呼ばれます。 一体型のため強度に優れ、インプラント体頭部が露出しているため骨結合の判断がしやすいというメリットがある一方、外部から力がかかり骨結合が遅れたり、細菌感染を引き起こす可能性があるというリスクもあります。

  • フラップレス手術

    通常のインプラント手術では、歯肉を切開して顎骨にインプラント体を埋入しますが、フラップレス手術では、専用の器具で歯肉に小さな穴を開けてインプラント体を埋入します。歯肉の切開をしないので、術後の痛みや腫れも少なく傷口の治りも早くなり、治療期間が短縮されるというメリットがあります。一方、インプラント体の埋入箇所を視認できないため、埋入手術には通常の切開する手術よりも技術や治療経験が必要とされます。

  • All-on-4/All-on-6

    All-on-4(オールオンフォー)は無歯顎(歯がない)の人に対して4本(All-on-6は6本)のインプラントで片顎すべての義歯を支える方法です。固定式の仮歯を治療当日に装着することができるため、固定を得ることができれば治療したその日にかむことができ、柔らかいものであれば食事も可能となります。埋入するインプラントが少なくなるため、費用の面でも身体的な面でも負担が抑えられます。 しかし、All-on-4は技術が求められるため、治療ができる歯科医師が少ないのが現状です。

  • インプラントオーバーデンチャー

    インプラント体に特殊な部品を取り付け、そこに義歯(入れ歯)を取り付けて固定する治療です。通常のインプラントと違い、義歯を自分で取り外せるため、手入れやクリーニングがしやすいというメリットがあります。また、通常の義歯と比べてしっかりと固定できるので、強くかめるようになるという特長があります。一方、義歯にかかる力が大きくなるため、消耗が激しくなることがあります。

  • 骨造成

    顎の骨の厚みや幅が足りないとインプラント体を埋め込むことができません。骨造成は足りない顎骨に対して人工骨を使い天然骨ができるように処置をして、インプラントができる骨を増やす方法です。

歯科医院監修記事

COLUMN

インプラントで失敗したくない!歯医者の選び方

インプラント治療を受けようと思っても、どういう基準で歯医者さんを探せばよいか、まったくわからないですよね。ホームページを見ても医院側に都合のよいことしか書いていないのが現実。いったいどう判断すればよいのでしょうか? そんなお悩みをおもちの方向けに、この記事ではインプラント治療を受ける歯医者さんの選び方について、特に設備面、院内環境、治療内容の面からまとめました。 さまざまな項目ごとに重視すべきチェックポイントを紹介しているので、インプラントを検討中の方はぜひ参考にしてください。

この記事の続きを見る

インプラント後にMRIは受けられる?CT・レントゲンは?

インプラント治療後に気にかかるのが、MRIやCT、レントゲンなどの検査を受けられるのかということです。これらは、治療前の検査だけではなく、人間ドックなどの診断でも用いられる身近な検査方法です。 そのため、これらの検査を受ける機会も多く、心配に思っているかたもたくさんいます。 実のところインプラントを埋め込んでいても、ほとんどの場合、MRIを使用することができます。 しかし、すべてのインプラントが使用できるとは限りません。歯のインプラントは「条件付きで撮影可能」な素材に分類されているからです。それでは、なぜ使用できる場合と、使用できない場合があるのか。そもそもMRIはどのような仕組みの機材なのでしょうか。 ほかにもCT検査やレントゲン検査でも問題はないのかなど、インプラント治療を受けたかたには気になる問題が多くあります。そこで、この記事ではこれらの疑問について、詳しくお答えしていきます。

この記事の続きを見る

要チェック!インプラントの口コミやホームページで参考にするポイント

インプラント治療を受ける際に、重要となるのが歯医者さん選びです。そのために役立つのが、口コミやホームページなどです。そのチェックすべきポイントを押さえた上で探すと、いい歯医者さんを見つけやすいでしょう。 では、一体どういったところをチェックしておけばいいのでしょうか。口コミやホームページのチェックポイントをみていきましょう。

この記事の続きを見る

経済的・肉体的負担の少ない治療法!オールオン4とは

オールオン4は、多くの歯を失ってしまった方におすすめの、インプラントを使用した治療法です。これまで使用されてきた方法に比べて、経済的・肉体的負担を減らすことができます。 例えば、総入れ歯は外れやすく、違和感や痛みも出やすいことがデメリットです。そして、一般的なインプラント治療では、失った歯の本数に合わせて1本ずつインプラントを埋め込まなければなりません。 しかし、オールオン4はこれらの負担をかけることなく、治療することができます。ここでは魅力的なオールオン4の特徴や治療の流れ、メンテナンス方法についてご紹介しましょう。

この記事の続きを見る

インプラントとブリッジそれぞれの特徴と適した治療法

歯を失ってしまった場合の治療法は、主にインプラントとブリッジがあります。しかし、どちらの治療を受ければいいのか迷ってしまう人は多いはずです。そのような場合にまず行うべきなのは、自分に合っている治療法かどうかを知ること。 インプラントとブリッジには、それぞれ違ったメリット・デメリットがあるため、適する症例も異なっています。それぞれの治療法のメリット・デメリットを把握して、どちらが自分に合っているのかを見極めていきましょう。

この記事の続きを見る

エリア別歯科医院紹介記事

AREA ARTICLE

中目黒駅近くでインプラントに対応している歯医者さん3選

「インプラントを検討しているけど、治療についてもっと細かく知りたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、中目黒駅近くでインプラント治療に対応しているおすすめの歯医者さんをご紹介します。インプラント治療についての無料相談をおこなっている歯医者さんや、患者さんの負担を軽減するために工夫している歯医者さんなどをご紹介しています。これらの歯医者さんの特徴やおすすめポイントを掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。 ※各掲載医院の情報は2019年9月時点のものです。

この記事の続きを見る

枚方市でインプラント治療に取り組んでいる歯医者さん5選

「インプラントは気になるけれど、治療に対する不安が大きい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、枚方市で患者さんに寄り添ったインプラント治療に取り組んでいる、おすすめの歯医者さんをご紹介します。インプラント治療のメンタルケアを重視している歯医者さんや、静脈内鎮静法を用意している歯医者さんなどをご紹介しています。これらの歯医者さんの特徴やおすすめポイントを掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。 ※各掲載医院の情報は2019年8月時点のものです。

この記事の続きを見る

大阪府でインプラント治療に対応しているおすすめの歯医者さん5選

「インプラントは治療費が高額だから、ミスなく長持ちするような治療をしてほしい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、大阪府でインプラント治療を実施している歯医者さんをご紹介します。歯を多く抜歯する必要のある患者さんに配慮してAll-on-4に対応している歯医者さんや、CTを活用してインプラントを長持ちさせるように取り組んでいる歯医者さんなどをご紹介しています。これらの歯医者さんの特徴やおすすめポイントを掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。 ※各掲載医院の情報は2019年8月時点のものです。

この記事の続きを見る

新橋駅でインプラントを取り扱っているおすすめの歯医者さん5選

「事前にしっかり相談してからインプラント治療を受けたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、新橋駅でインプラント治療を相談できる、おすすめの歯医者さんをご紹介します。個室の診療室を用意して話しやすい環境を整えている歯医者さんや、治療の症例を見せて患者さんの不安を少なくしている歯医者さんなどをご紹介しています。これらの歯医者さんの特徴やおすすめポイントを掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。 ※各掲載医院の情報は2019年8月時点のものです。

この記事の続きを見る

高津区でインプラントをおこなっているおすすめの歯医者さん4選

「それぞれの歯医者さんの強みや特徴を知ってからインプラント治療をするか決めたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では高津区で、インプラント治療に対応しているおすすめの歯医者さんを紹介します。インプラントメーカーを使い分ける歯医者さんや、患者さんのカウンセリングをじっくりおこなう歯医者さんなどをご紹介しています。これらの歯医者さんの特徴やおすすめポイントなどを掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。 ※各掲載医院の情報は2019年8月時点のものです。

この記事の続きを見る