歯科自由診療の検索・予約サイト「ハピスマ」

  •  
  •  

新着記事

出っ歯の矯正|高い治療費も長い年月で換算すれば…?

2019.03.11更新

「出っ歯 矯正」で検索すると、一緒に飛びこんでくる単語がいくつかあります。「目立たない」「費用」「抜歯」などなど…。この記事では、出っ歯を矯正する際に思い描くそんな疑問や不安にフォーカスし、答えていこうと思います。出っ歯を治療するかどうか迷っている人にも、お読みいただければ幸いです。

費用について

歯並びを改善したい…そんな中でも、出っ歯を改善したいという人は、とても多いのではないでしょうか?そこでインターネットを調べてみると、魅力的な言葉が目を引きます。

「リーズナブルな治療費!」

通常歯の矯正治療には、数十万円から100万円以上かかると言われています。また、治療期間も1年から数年かかることも考えられます。たった2本の上前歯のためだけに、そんなにお金はかけられない、かけたくない。そのような理由で、ついついリーズナブルという言葉に反応してしまいます。では、その「リーズナブルな治療費」での治療方法には、

・部分矯正

・セラミック矯正

が挙げられます。ではそのメリットとデメリット、適用できる例とできない例を含め、以下にて解説をしていきますね。

部分矯正について

すべての歯を矯正しなくても、前歯だけに矯正装置を装着し、歯を動かしていけばいい!というのが、部分矯正の考え方です。料金は1歯につき50,000円~というのが一般的です。

部分矯正のメリット

・治療費がリーズナブルである

・治療期間が短い

といったことが部分矯正のメリットとして考えられます。

歯列全体を矯正する裏側矯正が800,000円~となっていますが、部分矯正は一つの歯に対し50,000円~となっています。この差を見れば、誰もが部分矯正をチョイスするでしょう。そして動かす歯が少ないため、早い場合には数カ月で治療が終わるようです。

部分矯正のデメリット

・後戻りを起こす場合がある

・適応可能な症例が限られている

部分矯正には、適用できる症状に限りがあります。その点を考慮せずに部分矯正をおこなうと、その時は改善されていても、早い段階で歯が元の位置へ戻ってしまう、いわゆる後戻りを起こす場合があります。

歯の矯正にはスペースが必要

歯を矯正する、正しい位置に歯を移動させるためには、移動したい場所にスペース(すき間、空間)が必要となります。スペースがなければ、3人がけのいすに4人が座ろうとするのと一緒です。人間であれば体を圧縮できるかも知れませんが、歯を圧縮し幅を狭くすることは不可能です。

このため十分なスペースがない場合は、前歯から4番目の歯(第一小臼歯/しょうきゅうし)などを抜いて、スペースを生み出し、できたスペースへ歯を移動させます。前に出ていた出っ歯を後ろへ動かすことで、正しい位置へ並ぶことになるのです。
移動の後にはすき間が埋まり、抜歯の跡はほとんどの場合なくなります。

抜歯が必要になる理由とは?

歯を抜いてしまうなんてとんでもない!と思う人が多いのは当然です。しかし、これにも理由があるのです。

欧米の人種に比べ、東アジアとりわけ日本人は、あごの骨格が小さいという特徴があります。しかし、人種に限らず歯の数は親知らずを含め32本であり、歯の数は人種によって変わることがないのです。

だから、狭いあごへ1列に歯を並べることが難しくなります。1列に並べず前へずれて生えてしまった…そういった過程で出っ歯になる可能性も大いにあるのです。

抜歯をしない部分矯正で改善しない場合も

出っ歯の治療での抜歯の必要性については、医師の意見もまちまちであるようです。スペースのないところへ歯を押しこんでも、歯は元の位置へ戻ってしまう…出っ歯をこのようにとらえ、部分矯正をおこなわない医師もいるからです。

また同じ医師でも、出っ歯の程度や歯間のスペースによって診断は異なります。したがって、部分矯正の広告を最後まで読むと「適用できる症状には限りがあります」と書かれていることが多いようです。

セラミック矯正について

「リーズナブルな治療費」でもう一つ見当たるのは、セラミック矯正というものです。陶磁器などの原材料であるセラミック、これで作ったかぶせもの(クラウン)を前歯にかぶせ、見た目を改善するのです。費用については、おおよそ40,000円~となっています。

セラミック矯正のメリット

・早ければその日のうちに治療が終わる

・治療費がリーズナブルである

多くの歯医者さんはこれをセラミック矯正と呼んでいるのですが、歯を移動させるわけではないので、正しくは歯列矯正ではありません。歯にかぶせものや詰めものをする際は、補綴(ほてつ)治療と呼ぶのが一般的です。

歯を削りクラウンをかぶせるだけなので、早ければその日のうちに治療を終えられます。

セラミック矯正のデメリット

・健康な天然の歯を削る

・削った歯は痛む場合がある

・削った歯が衰えてしまい抜歯となる場合もある

クラウンには厚みがあるため、歯を大きく削らないとかぶせられません。したがって、まだ使える天然の歯を、表面のエナメル質だけではなく、象牙質まで削ります。そこまで削ると、もうその歯だけで食べ物をかむことはできません。削った後の写真を見ると、かなりインパクトがあります。

痛みが途切れず神経を抜く場合も

象牙質まで削ると、歯の神経を伝って痛みが生じることもあります。痛み止めを飲んでも改善できない場合には、歯の神経を抜くことになります。

神経を抜いた歯は栄養が行き届かなくなるため、歯が衰えてしまいます。使えなくなってしまった場合には、抜歯して、入れ歯やインプラントを埋め込まねばならないことに…。

したがって、まだ健康な天然の歯に手を加えることには、抵抗感のある人が多いようです。

後戻りによるトラブルについて

出っ歯の矯正でのトラブルを調べてみると、治療後に歯が元の位置へ戻ってしまった、いわゆる後戻りの問題が多いようです。この点について触れてみましょう。

出っ歯を含み、歯の矯正を終えた後には、歯が元の位置へ戻ろうとするのを防ぐために、リテーナーと呼ばれる保定装置を装着しなくてはなりません。

しかし、この保定期間に患者さん自身が装着をなまけてしまった、または医師がしっかり指示しなかった場合に、歯の後戻りが多いようです。せっかく高い治療費を払い、短くない治療期間に我慢を重ねてきたのですから、最後まで慎重に取り組むことをおすすめします

リテーナーの装着時間は短くなっていきます

治療期間と保定期間での相違点を挙げておきましょう。治療直後では医師からリテーナーの24時間装着を指示される場合もありますが、経過年数により、装着時間は短縮されていきます。一定期間を経ると、寝ている時だけつけておけばいいというケースだってあるのです。

なお、保定期間は治療期間と同じだけの期間を必要とすることが多く、治療に2年かかれば保定も2年といったことが考えられます。そして、保定期間を終えればリテーナーの装着は不要となることも。この点については医師の指示を守り、疑問がある場合は遠慮なく訊いてみましょう。

実際に計算してみよう!

最後に、治療費というものをとらえ直してみましょう。仮に歯列全体を矯正し、治療費が100万円かかったとします。治療した時の年齢が30歳とし、60歳までの30年間で換算すると、1日に約90円の出費と計算できます。
ちなみに、部分矯正であれば1日につき約9円、セラミック矯正であれば1日につき約7円となるようです。(自由診療のため、歯医者さんにより治療費にばらつきがあることをご了承ください)
もちろん、この計算を70歳までの40年に換算すれば、出費はさらにリーズナブルなものとなります。こうして考えてみると、歯列全体の矯正も決して高くはないと言えるのではないでしょうか。

まとめ

今や、前歯をセラミックに変えたとブログなどで公表することは、当たり前になってきました。お金さえあればそんな風にしてみたいと憧れる一方、お金がないからリーズナブルにおさえたい、という人も多いことでしょう。

そこを狙い、リーズナブルさを掲げて宣伝する歯医者さんを多く見受けます。しかし、そこにはデメリットやリスクが隣り合わせであることを、認識していただければ幸いです。

健康で天然な歯に手を加えれば、それはもう元には戻りません。費用面だけを重視すると、後悔してもしきれない結果になることも…。

歯を大切にしないと、高齢になった時が大変です。かむことができず食事に不自由してしまうつらさは、その時にならないと分かりません。長い間使い続ける歯を、いっときのリーズナブルさに左右されず、数十年という長い期間に換算してみましょう。それまで高額としか思えなかった治療費も、長い年月で割ればたいしたことはない、と思えるかも知れませんね。

ネットで受付・予約もできる

歯科自由診療の検索予約サイト

歯科矯正・インプラント・美容診療・ホワイトニングなどの歯科自由診療の歯科医院を探したいときは『ハピスマ』を使ってみてください。歯科医師のインタビューや豊富な写真からあなたにぴったりの医院を見つけてください。

Point

  1. 歯科医院をエリアやこだわり条件で検索!
  2. 自由診療歯科医院の特徴がわかる情報が満載!
  3. 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

この記事の関連記事