歯科自由診療の検索・予約サイト「ハピスマ」

  •  
  •  

新着記事

前歯の矯正で値段はどのくらい?部分矯正と全体矯正の違いは!

2019.04.15更新

「前歯だけ、歯並びの悪さが目立つ…前歯だけ矯正できないかな…?」なぜそんな風に考えるかと言えば、高額になる治療の値段をおさえるため。前歯だけ部分的に矯正すればリーズナブルになるんじゃないかな?と推測するからでしょう。

部分矯正は、主に前歯や犬歯(よく八重歯とも呼ばれています)を動かしていく治療です。奥歯だけを動かすといったケースはあまりないため、部分矯正は前歯を動かしていくものだという認識が強いようです。

そこでこの記事では、前歯の矯正の値段や、国の制度により負担を軽減できる方法などを解説していきます。

前歯のみの矯正の値段

部分矯正は、前歯だけにマウスピース、ないしワイヤとブラケットを装着し、歯を動かしていくので、値段は全体矯正よりもリーズナブルになり、多くは治療期間も短くて済むことになります。

部分矯正でもリテーナーを装着します

治療を終えた後には、保定期間というものが待っています。リテーナー(保定装置)と呼ばれるものを歯にはめて、歯が元の位置へ戻らないようにしていきます。リテーナーは、ワイヤやマウスピースでできていることが多いようです。

矯正装置というものは、歯を動かすための装置です。それと比べ、リテーナーは歯に力を加えるものではありません。歯がその位置で、とどまるようにするものです。はじめは1日中つけておかねばならないことが多いのですが、年月が経過すると、寝ている時だけ装着すればいいなどと、割合は軽減されていく場合があります。

この保定をサボってしまうと、あっという間に歯が元へ戻ることもあるので、ご注意くださいね。

それでは、前歯だけの部分矯正には、どのくらいの費用がかかるのでしょう?この表とサイトをご覧ください。

治療費の内訳

矯正治療は、はじめか終わりに一括でまとめて〇〇円支払う…というものではありません。

 

・治療前

・治療中

・治療後

 

の三つの期間で、さまざまな費用を支払います。以下、説明しますね。

相談料

無料~数千円

自分の歯は矯正すべきか?取り扱っている治療方法は何があるか?治療費や治療期間はどのくらいか?…などを、歯科医師へ相談します。

精密検査料

10,000円~70,000円

主に、セファログラムでレントゲン撮影をおこないます。虫歯や歯周病がないか、チェックをおこなうこともあります。

診断料

10,000円~50,000円

精密検査のデータを基に、歯並びの症状がどのようなものであるかを診断します。そのうえで、治療計画が提案されます。

抜歯

4,000円~10,000円

多くの場合、矯正治療では抜歯をおこない、別途費用を支払います。抜歯しにくい難症例では、これより高くなることもあります。

 

【麻酔に関して】

抜歯の際に静脈内鎮静法をおこなう場合は、別途50,000円~80,000円ほど請求される場合があります。また 全身麻酔であれば、100,000円を超える場合もあります。

 

【歯科用CTに関して】

抜歯の際に歯科用CTで断層撮影(スキャニング)をおこなう場合、4,000~20,000円ほど請求される場合があります。ただしこれに関しては、抜歯費用に含まれている歯医者さんもあるようです。

装置代(基本料金)

どのような矯正装置を使うのかにより、価格は異なります。これについては、別途次の章で詳しくお伝えします。

処置料・調整料

1,000円~10,000円

矯正装置を装着している期間は、おおむね1月に1回の通院が必要となります。ワイヤやマウスピースの調整・交換、虫歯がないかのチェック、歯のクリーニングなどをおこないます。

 

【レントゲン撮影に関して】

場合によってはレントゲン撮影で歯の様子を確認します。別途請求される場合は、2,000円~7,000円ほどとなるようです。

 

【歯のクリーニングに関して】

歯のクリーニング(PMTC)は処置料の中に含まれていることが多いのですが、別途請求される場合は、3,000円~20,000円を見ておくといいでしょう。

保定装置代

5,000円~60,000円

治療を終えた後は、歯が元の位置へ後戻りしないよう、リテーナーを歯に装着します。

観察料・メンテナンス料

3,000円前後

保定期間も定期的に通院し、歯並びをチェックし、メンテナンスを受けなければなりません。場合によっては、別途レントゲン撮影をおこないます。

 

矯正装置ごとの装置代

矯正装置によってかかる費用は異なります。材料費に加えて、装着しづらい装置・歯へ力をかけにくい装置であれば、その分技術料も上乗せされていきます。

上前歯・表側矯正の場合 50,000円~400,000円
 上前歯・マウスピースの場合  300,000円~400,000円
 矯正用インプラントによる部分矯正  180,000円~450,000円
 上前歯・裏側矯正の場合  400,000円~600,000円

 

(診査・診断料やワイヤ調整料、特別な装置の費用等は除く)

表側矯正とは?

歯の表側に、ワイヤとブラケットを装着します。歯に装着しやすく、歯へ力をかけやすいので、技術料の上乗せがあまりありません。

裏側矯正とは?

歯の裏側へ、ワイヤとブラケットを装着します。歯へ装着しづらく、歯に力がかかりにくいため、多くの場合技術料に相当する額が上乗せされています。

マウスピースによる矯正とは?

マウスピースを歯に装着し、弱い力で歯を動かしていきます。軽中度の矯正に向いているようです。

インプラント矯正とは?

歯茎にチタン製の小さなねじ(インプラントアンカー・アンカースクリュー)を打ち込み、そこを起点としてゴムで歯を引っ張ります。ワイヤとブラケット・マウスピースによる矯正と並行しておこないます。

歯列全体の矯正より1割以上もリーズナブル

このサイトによる価格表はあくまでも目安ですが、部分矯正であれば一つの歯を5万円から治療できることになります。歯全体の矯正では裏側矯正が80万円以上となっており、その差は歴然としています。なお、表には書かれていませんが、歯全体を表側矯正する場合は、おおよそ70万円以上と考えられています。

表側矯正に比べ、マウスピースによる矯正・裏側矯正は高め

この表を見ると同じ部分矯正でも、マウスピースによる矯正は30万円以上となっています。また、裏側での部分矯正も40万円以上となっています。ブラケット、すなわち表側での部分矯正では5万円以上となっており、この差も大きなものがあります。

医療費控除

前歯の部分矯正に限らず、風邪や骨折などの医療全般にわたり、自分自身とその家族の合計した治療費が1年に10万円を超えた場合には、医療費控除の対象となります。

「口内の機能面に問題があり矯正をおこなった」という趣旨の診断書を、年度末である毎年3月におこなわれる確定申告の際に提出することが条件となります。したがって、担当医師が「見た目を改善するために治療した」と診断した場合は、この控除を受けられない可能性があります。

保険診療はできるのか?

保険診療で治療できるのは、以下の二つの条件を両方とも満たした場合です。

 

・顎(がく)変形症と診断された場合

・顎口腔(こうくう)機能診断施設で受診した場合

 

あごなど骨格の影響で歯並びが悪くなっている場合、顎変形症と診断されれば、保険が適用されます。これは、単に歯並びを矯正し見た目を美しくする治療ではなく、あごの骨格が変形してしまっていることを、疾病(病気)とみなすためです。

上あご、もしくは下あごの骨を切り取り、切り取った部分を削ります。その分だけ前後へずらし、固定します。このような手術の前後に、矯正装置を使い、歯を矯正していきます。

顎変形症と診断されれば、部分矯正での治療ではなく、このように手術を伴った大がかりな治療となります。

なお、保険診療とするには、顎口腔機能診断施設と定められた歯科医院・病院で受診をする必要があります。どの歯医者さんもこの認可を受けているわけではないので、初診相談の際にチェックしておいてくださいね。

まとめ

出っ歯であれば、前歯だけの治療かと思いきや、大がかりになることもあるんですね。上あごが前に出すぎている、もしくは下あごが引っ込みすぎているのであれば、骨を切り取り、削ってずらす外科手術が必要だなんて…。

しかし、よくよく自分の症状を見てみると、歯だけではなく骨格そのものが前に飛び出ているようです。部分矯正だけでは改善できそうにないな…知識のない自分でも、見当のつく場合があります。

もちろんリーズナブルな治療に越したことはないのですが、治療後に歯が元の位置へ後戻りしてしまえば、意味がありません。価格だけにとらわれず、歯医者さんを探すべきだと思われます!

ネットで受付・予約もできる

歯科自由診療の検索予約サイト

歯科矯正・インプラント・美容診療・ホワイトニングなどの歯科自由診療の歯科医院を探したいときは『ハピスマ』を使ってみてください。歯科医師のインタビューや豊富な写真からあなたにぴったりの医院を見つけてください。

Point

  1. 歯科医院をエリアやこだわり条件で検索!
  2. 自由診療歯科医院の特徴がわかる情報が満載!
  3. 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

この記事の関連記事