歯科矯正・ホワイトニングの歯医者さんを見つけるなら「ハピスマ」

  •  
  •  

歯が1本だけ飛び出している。部分矯正で改善できるのかな?

2018.10.09更新

1本だけ、目立つ歯だけを矯正したい。

そのような矯正治療を、MTM(Minor Tooth Movement)や小矯正、または部分矯正と呼んでいます。1本だけ目立ってしまう八重歯のほか、前歯や奥歯でもおこなわれる治療です。

MTMでは多くの場合、治療したい歯と両隣の歯だけにワイヤとブラケット、もしくはマウスピースを装着します。治療費や治療期間の軽減が期待でき、歯並びを改善したいけれどお金が乏しい…といった若い人たちの関心も集めています。

MTMのminor(マイナー)は「小さな・小規模な」という意味を指す言葉です。つまり、小さく歯を動かす治療方法の呼び名であり、歯の移動距離は大きくありません。見た目や外観の変化があまりなく、患者さんが期待していたような治療結果には、ならないこともあるようです。

そこで、期待していた治療結果となるために…!この記事で、知っておきたい情報をお伝えします。すてきな歯並びとなるよう、応援しています。

1本の歯だけを矯正できない場合


「1本の歯だけがずれて生えていれば、その歯だけを矯正すれば済む話!」と考えるのは、おかしなことではありません。ただし、症状によってその歯だけではなく、すべての歯を矯正しなくてはならない場合も…。

理由が分かれば、納得して受診できるはず!以下、お読みください。

抜歯しなくてはいけないケース

上下すべての歯に装置をつける全顎(がく)矯正では、多くの場合抜歯をおこないます。

例えば前から4番目に位置し、かみ合わせにあまり影響のない第一小臼歯(しょうきゅうし)などを抜歯すると、8ミリ程度のスペースが生まれます。そのスペースに向けて、改善したい歯を8ミリ程度移動させることが可能になるのです。

しかしMTMの多くでは、抜歯をせずに歯を移動させます。したがって、歯を移動させるにも、その分のスペースが不足しています。にもかかわらず歯を移動させれば、一時的にはその場に収まっていても、数カ月ないし数年で元の位置へ後戻りしてしまう恐れがあります。

例えて言うなれば、3人がけのベンチに4人座ろうとしても、はみ出てしまうのと同じです。したがって、4人一緒に座るためには、歯を抜いて1人分のスペースを用意してあげる…それが、抜歯による全顎矯正なのです。

隣の歯・上下の歯とも矯正すべきケース

例えば隣の歯や下の歯(もしくは上の歯)が、対象となる歯を押している状態であれば、対象となる歯だけを矯正しても、あまり意味がありません。治療を終えても歯は再び押されてしまい、元の位置へ後戻りする可能性があります。

これを防ぐためには、隣の歯や上下の歯なども含めた、すべての歯を矯正した方がよさそうです。

例えば前歯(①)と隣の歯(②)が重なり合い、前歯を隣の歯が、裏から押している場合で考えてみましょう。

 

①② この二つが重なり合っています。

隣の歯を奥歯の方向へ矯正すれば、前歯との重なりがなくなり、前歯を押すことはなくなります。

 

②を後ろへ動かします。①との重なりがなくなります。

そのためには、2番目に位置する隣の歯から奥歯まですべての歯を、奥へ奥へと移動させる必要があります。

 

②③④⑤⑥⑦⑧⑨のすべての歯を奥へ動かします。(⑨は親知らずです)

隣の歯を5ミリ移動させたいのであれば、2番目から奥歯までのすべての歯を、5ミリずつ動かしていくのです。

同じように、上の前歯を下の前歯が押しているのであれば、上の前歯だけを矯正しても、下の歯が歯の裏から押したままなので、後戻りが生じます。したがって、下の前歯から奥歯まですべての歯を、矯正して順々に移動させなくてはならないのです。

1本の歯だけを矯正できる場合


ここまで読めばお分かりの通り、全顎矯正でなければ治療できないケースはたくさんあります。ただし、1本の歯だけを動かす矯正もあるようです。以下、お読みください。

こんなMTM、知ってますか? その1 アップライト

斜めになっている歯を起こしてあげる矯正を、アップライトと呼んでいます。

その症状は奥歯などに多く、なおかつその歯と隣の歯には、抜歯などですき間のあることが多いようです。すき間があることによって、歯が斜めに傾いてしまうのです。箇条書きにしてみましょう。

 

・抜歯などで、歯と歯の間にすき間がある



・すき間の方向に、歯が傾いてしまう



・傾いた歯を、アップライトで起こす

 

アップライトには、ばね(アップライトスプリング)や、ねじ(インプラントアンカー)を使います。

斜めに傾いている歯と隣の歯を、ばねのついたワイヤでつなげます。縮んだ状態のばねは、元に戻ろうとします。その力を使って、歯を起こしていくのです。

そして、斜めになっている歯のそばに、チタンでできたねじを打ち込みます。そこを起点とし、斜めになった歯をゴムに引っかけ、歯を起こしていきます。

すでにすき間があるため、歯を移動するスペースは用意できています。したがって、抜歯を必要とせずに歯を矯正することが可能となります。

こんなMTM、知ってますか? その2 エクストルージョン

歯が折れてしまった場合、根っこの部分(歯根)を引っ張り上げる矯正的挺出を、エクストルージョン(歯根挺出術・しこんていしゅつじゅつ)と呼んでいます。折れた歯の両隣に橋をかけ、その中心にゴムを引っかけ、歯根を引っ張り上げます。

多くのケースでは、引っ張り上げた歯根にセラミックなどでできたクラウン(王冠・かぶせ物)をかぶせます。このようにして、差し歯や入れ歯などに頼らず、残った歯根を有効に使っていくのです。これも、箇条書きにしてみましょう。

 

・歯が折れて、根っこの部分だけ残っている



・根っこを、エクストルージョンで表面に引っ張り出す



・表面に引っ張り出した根っこへ、人工歯をかぶせる

 

これについても、歯を上下に移動させるだけなので、抜歯をおこなう必要はありません。

まとめ

歯医者さんによっては、全顎矯正が望ましい場合でも、MTMを勧めてくる場合があります。「患者さんに負担の少ない治療方法」と称してすすめてくるので、ついついそんな歯医者さんを選んでしまうのです。

しかし、治療を終えて数年後には後戻りしてしまい、再治療となるケースも少なくないようです。再び高い治療費・長い治療期間を費やす場合も…。

このようにならないためには、はじめの段階で、複数の歯医者さんに初診相談へ行くことをおすすめします。歯医者さんの数だけ意見が違い、治療方針・治療計画も異なることに、きっと驚くことでしょう。

いい歯医者さんとの出会いは、正しい治療、すてきな歯並びへとつながっていきます。歯医者さん選びこそが、治療結果がどうなるか、そのカギを握っていると言えるのかも知れません。どうぞ、頑張ってくださいね!

監修医 武本 雅彦先生

武本歯科クリニック

院長:武本 雅彦

住所:神奈川県横浜市天王町1-28-3