歯科自由診療の検索・予約サイト「ハピスマ」

  •  
  •  
Q&A(PC) Q&A(SP)

矯正歯科の治療前に関するお悩み

ガチャ歯の矯正で犬歯を抜歯すると提案されました。どう考えればいいのでしょう?

30歳になり、ガチャ歯を矯正しようと歯医者さんへ相談に行きました。矯正治療ではあまり抜歯しないはずの犬歯を抜歯すると提案されました。そのまま受け入れてもいいのでしょうか?

先生からの回答

答えてくれた先生
前から3番目にあり、牙のようにとがっている歯を犬歯と呼びます。
この犬歯ですが、おっしゃる通りなるべく抜歯を避ける歯です。食事などのかみ合わせに重要な役割を果たしているからです。

上下の犬歯が接している状態で、歯を横にスライドさせてみてください。前歯や奥歯は宙に浮いたまま、上下で接していないことに気づくはずです。

歯というものは、上下からかかる力に対しては強くできているのですが、左右からかかる力には弱いのです。そこで、縦に長く大きく根が深い犬歯だけに力がかかり、前歯や奥歯にかかる負担を軽減しているのです。これを、犬歯誘導と言います。

歯を矯正したいからと言って、こんなに重要な歯を抜くほどのことなのか?なぜ重要な犬歯を抜かなければならないのかきちんと説明を受けて納得したうえで治療を始めてください。それでも納得できなければ、ぜひ、ほかの矯正歯科にも行ってみて、意見を聞いてみてください。くれぐれも、虫歯などの一般的な歯科診療ではなく、矯正歯科を専門におこなっている歯医者さんに相談してくださいね。

免責事項回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。