治療状況に合わせて絞り込む

歯並びが悪く、おまけに受け口です。マウスピースみたいな物はどうでしょうか?

歯並びが悪く、おまけに受け口です。
なんとか治療したいのですが、仕事が忙しすぎて休めません。
マウスピースみたいな物はどうでしょうか?

先生からの回答

受け口に限らず、軽度・中度の矯正であれば、マウスピースによる矯正は可能な場合があります。しかし、受け口になっている原因が、歯並びそのものではなく、あごの骨自体が飛び出していることによるのならば、外科手術が必要になります。

具体的には、あごの骨を一部切り取り、切り取った部分を削ります。そして、削った分だけ後へずらして再結合させます。なお、この手術の前後に、各1~1年半ほどの矯正治療もおこないます。術前矯正・術後矯正といいますが、この場合、マウスピースによる矯正ではなくマルチブラケット装置(ワイヤー矯正)によって行うのが基本です。

骨格に問題があるのであれば、矯正治療だけおこなっても、思ったような仕上がりにならない場合があるので、しっかり歯医者さんと相談してください。

免責事項
回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。