歯科自由診療の検索・予約サイト「ハピスマ」

  •  
  •  
Q&A(PC) Q&A(SP)

矯正歯科の治療前に関するお悩み

良い歯医者の見分け方ってありますか?

昔、子供の頃に近所の変な歯医者に行ってしまい、左右の奥歯を抜かれています。
抜かれた理由もいまだにわかりません。そのせいか?歯並びがとても悪いです。
大人になって、お金に余裕ができたので、なんとか治療したいと思っているのですが、
歯医者がいっぱいありすぎて、どこに行ったらいいのか?わかりません。
もう、昔のような変な歯医者には行きたくありません!!
良い歯医者の見分け方ってありますか?
今はコンビニストアの数よりも歯医者が多いと聞きます。

先生からの回答

答えてくれた先生
まずお伝えしたいのは、「家や職場に近い」「治療費が高くない」といった理由で探さないでほしいんです。虫歯などと違い、矯正治療というものはとても難しく、歯科医師によって差があります。医療ミスもあり、かえって歯並びが悪化したという訴訟だってあるんですよ。

そこで、歯医者さんを選ぶ3つのポイントを書いてみます。

1.矯正担当の歯科医師が常駐している、もしくは矯正専門のクリニックであること

2.その歯科医師に経験・技術・知識が備わっていること

3.治療方法や扱っている矯正装置がたくさんあること

では、1について…。
虫歯などをおこなう歯医者さんが矯正歯科も併設している場合、矯正を担当する歯科医師は、非常勤であるケースが多々あります。その歯科医師は月に1回ないし数回しか来ないので、患者さんが自分のスケジュールを優先して通院することが難しいんです。

また、歯が痛くて仕方ない、矯正装置が壊れたといったアクシデントがあっても、歯科医師がいなければ対応は遅れます。その点、矯正を担当する歯科医師が常駐している歯医者さんであれば、すぐに対応してもらえますよね。

2について…。
若い歯医者さんであっても、経験・技術・知識のある人はたくさんいます。逆に、年配の歯医者さんでも、それらが備わっていない人も多くいます。歯科医療に関する団体から、一定の評価を受けている歯科医師も、多くいます(そういった歯医者さんは、院内にその証書を飾っていたりします)。ただし、そういった評価を受けていなくても、いい歯科医師はたくさんいます。

ではどこで見分ければいいのか?次の3でお伝えしましょう。

3について…。
最近では、マウスピースによる矯正しか扱っていない矯正歯科も、多く見受けられます。この場合、マウスピースの製造・治療計画の立案などは、マウスピースのメーカーが作ったコンピューターソフトによって基本的におこなわれます。

大雑把に言えば、それほど矯正治療に詳しくない歯科医師でもおこなえてしまう治療と言えるんです。実際、大学などで矯正を専門に学んでいない歯科医師が、このマウスピースによる矯正を扱っているケースもあるようです。

ほかにも、裏側矯正というものは、歯の裏側に装置を装着するものです。当たり前の話ですが、手や指が届きにくく、歯の裏側へ装着する作業は難しいんです。しかも、裏側からどの角度で力をどのくらい加えれば、歯が動いてくれるのか…それを立案するのは、難しんですよ。

なので、裏側矯正もやっている、もちろん表側矯正もやっている、マウスピースによる矯正もやっている歯科医師であれば、一定の経験・技術・知識があると言えます。

さらには、摩擦を減らし弱い力でも歯を動かせる装置や、インプラントを使った矯正、歯茎にメスを入れて歯の動かすスピードを速くさせる治療など…勉強している歯医者さんであれば、さまざまな治療方法を、どん欲に取り入れているはずです。

以上、この3点に注目して、歯医者さんを選んでみてはいかがでしょう?

免責事項回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。