治療状況に合わせて絞り込む

受け口を治すには抜歯?手術?

受け口を治療する方法は、抜歯と手術といくつかあると聞きました。
どれがよいですか?

先生からの回答

下の前歯が、上の前歯よりも飛び出している状態を、受け口や反対咬合と言います。難しい言葉で書くと、下顎前突…かがくぜんとつです。文字通り、上下の歯を咬み合わせた時に下の顎が前に突き出しているのです。

以下の原因でこの様な症状になりますが、矯正歯科の歯科医師でも検査をしないと原因を見つけることができない事もあります。

1.上下の歯のかみ合わせだけが悪い場合には矯正治療のみで改善することができます。

2.上下のあごの大きさや位置が悪い場合

3.上記1と2の両方が悪い場合

2と3が原因の際には矯正治療と手術を併用した治療が必要になります。

具体的には、まず手術時に上下の歯が手術後にきちんと咬み合うように手術の前に(術前)矯正治療を行います。そして通常、手術で下のあごの骨の長さを短くして、上下の歯がきちんと咬み合うようにします。手術後に微調整を行います。

手術を併用する場合、保険で治療することができます。ただし、著しい顔貌の変化(丸顔になるなど)を生じることもあります。全身麻酔をするリスクも生じますし、治療期間も長くなります。

手術を併用するか否かをよく矯正や歯科口腔(こうくう)外科の先生に相談後どの様に治療すべきなのか慎重に検討してみてください。

免責事項
回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。