治療状況に合わせて絞り込む

矯正治療の転院というのは難しいのでしょうか?

開咬の治療を受けています。
現在の歯医者さんの対応が悪いので、転院を考えているのですが、
矯正治療の転院というのは難しいのでしょうか?

先生からの回答

当初の歯医者さんが次の歯医者さんへ、治療前の歯の状態・治療計画・現在の状態・今後どのように歯を動かしていく予定だったか…などの情報を共有してくれない場合、次の歯医者さんは、新たに治療計画を立案し直す必要があります。

次の歯医者さんは、治療前の歯の状態を把握できないまま計画を立てなければならないため、ある意味で目隠しをされた状態で立案をしなければなりません。

また次の歯医者さんでも、精密検査代・矯正装置の制作費などを含めた治療費が発生します。当初の歯医者さんの治療費と同じくらいかかることもあり得ます。

それでも当初の歯医者さんへ不信感がぬぐえないのであれば、転院もやむをえません。しかし、口や態度は悪いけれど、技術のある歯医者さんというのもいるでしょう。その点を踏まえ、何かあったら再度ご相談ください。

免責事項
回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。