歯科矯正・ホワイトニングの歯医者さんを見つけるなら「ハピスマ」

  •  
  •  
Q&A(PC) Q&A(SP)

矯正歯科の治療前に関するお悩み

医師が契約前と後で意見が違うのですがどうしたらよいですか?

叢生(そうせい)を改善したいので、歯医者さんへ相談に行きました。前から4番目の歯を上下左右で4本抜いて矯正できると言うので、契約しお金を払いました。しかしその後の精密検査で、4本の抜歯矯正だと口元が引っ込みすぎ、顔が老けて見えるかも知れないと言われました。契約を破棄できるものならしたいくらいです。どうしたらいいのでしょう?

先生からの回答

答えてくれた先生
矯正の歯科医師との信頼関係がうまくいっていないようですね!
検査、診断(検査データの分析結果とそこから導き出される治療方法の説明、診断)と治療契約が分かれていればこのような不振が起きなかったのではないかとも思います。相談時には精密な検査データがないまま、だいたいの治療方法を提示し、精密検査後に診断します。経験のある先生でも相談時に目に見えなかったおもわぬ問題が生じ、その結果相談時の治療方針と診断後の治療方針が異なることもあります。今回は事前の説明が少し不足していたようで矯正担当の歯科医師との信頼関係が壊れてしまったようです。
そこで、いくつかの方法を提示します。

1.まず、診断後の治療方針について矯正の歯科医師と再度話し合い、抜歯したい理由を述べ、抜歯した場合としない場合の顔つきの変化のシュミレーションを図に書いて説明してもらってはどうでしょうか?言葉で説明を受けるよりも視覚的にその変化を提示されたほうがわかりやすい場合もあります。
2.矯正の歯科医師との信頼関係が築けるようでしたら、話し合い合意した治療方法で治療を始める場合もあります。
3.矯正の歯科医師との話し合いで迷いが解消できないようであれば治療期間が多少長くなりますが、
抜歯の時期を治療の途中にずらす事も考えられます。具体的には、歯を抜かないで歯を並べ、口元の状態を確認しながら治療し、必要ならば抜歯をして口元の改善を図るのはいかがでしょうか?抜歯をしてから元に戻すことはできません。口元の変化を実際に経験しながら臨機応変に治療できるメリットがありますよ!
4.矯正の歯科医師との信頼関係が築けないならば契約にもよりますが検査料を支払い、治療契約を解消することも考えられます。矯正治療の期間は長期間にわたるので、矯正の歯科医師と患者様の信頼関係が治療結果にも大きく影響します。信頼関係を築ける先生のもとで治療するのも一考です。

免責事項回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。