歯科自由診療の検索・予約サイト「ハピスマ」

  •  
  •  
Q&A(PC) Q&A(SP)

矯正歯科の治療中に関するお悩み

非抜歯矯正は口元が出てくることは本当ですか?

大学生一年生女子です。数年前に受け口の矯正を、非抜歯で行いました。
今は矯正が終わって、リテーナーの段階になりました。
おかげで受け口はよくなったのですが、口元が前に出てきてる気がしてなりません。
本やネットなどの情報を見ると、非抜歯矯正は口元が出てきてEラインが汚くなくなると
あったのですが、それは本当?でしょうか?いまから、どうしたら?いいのでしょうか?
やり直しは可能ですか?

先生からの回答

答えてくれた先生
大人の矯正治療は受け口や出っ歯など、飛び出した歯並びを改善させるには、多くの場合抜歯をします。抜歯をして生まれた7~11ミリのすき間に向けて、前歯を後方へ移動させます。

これを非抜歯にて矯正するのであれば、3人掛けのベンチに4人座らせようとするのと同じです。やがて、どれかがはみ出してしまいます。

したがって非抜歯による矯正では、歯を斜め前へ押し出すように広げます。朝顔の花が開くように、広げるのです。これを、フレアーアウトと言います。

フレアーアウトした歯は、隣の歯とすき間ができます。そのすき間の分だけ、歯並びを動かせます。したがって見た目には歯並びがよくなっているのですが、斜め前に飛び出した感じはそのままになります。

もしあなたが、抜歯による矯正で再治療したいのであれば、担当の歯科医師に言ってみましょう。その歯科医師の事前説明が不足していたのであれば、治療費も工面してくれるかも知れません。

免責事項回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。