歯科自由診療の検索・予約サイト「ハピスマ」

  •  
  •  
Q&A(PC) Q&A(SP)

矯正歯科の治療後に関するお悩み

前歯の隙間は矯正では治せないのですか?

前歯に隙間があったので、そこを治療したくて部分矯正をしました。
当初、自分はセラミックか何かを被せる治療を、イメージしていたのですが
歯が曲がって生えているため、まっすぐになればよくなりますと言われたのですが
まっすぐにはなったのですが、前歯の隙間は改善されませんでした。
こんなときは、どうしたらいいのでしょうか?やはり矯正では無理だったのでしょうか?

先生からの回答

答えてくれた先生
セラミック矯正は、矯正治療ほど期間がかからないというメリットはありますが、健全な歯を削らなければならないというデメリットもあります。歯を象牙質まで大きく削り、セラミックをかぶせます。見た目だけの改善であり、歯を動かしたわけではありません。

しかも、歯を削ったことで痛みがおさまらないようであれば、神経と毛細血管のある歯髄(しずい)を抜いてしまいます。そうすれば毛細血管から酸素が送られなくなり、歯はもろくなってしまいます。またかぶせものと歯の間から虫歯になったり、歯茎の位置が時間とともに変化して、数年たったら作り変えなければならないこともあります。

歯にすき間ができたままの問題に関してはかみ合わせによって対処法は変わってきますが、部分矯正では改善しきれない可能性が考えられます。1本の歯だけを移動させても、残った場所に新たなすき間ができるだけです。したがって、すべての歯をすき間へ向けて移動させる、全顎(がく)矯正が必要だと思います。時間はかかりますが、それほど難しいものではありません。

その治療をおこなった歯科医師には、すき間に対しての不満をはっきり言いましょう。そうすれば、再治療についての減額があるかも知れません。ただし治療開始前に、部分矯正のデメリットも説明され、納得のうえでおこなったのであれば、減額はないでしょう。

免責事項回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。