歯科自由診療の検索・予約サイト「ハピスマ」

  •  
  •  

インプラント

インプラントで食事も生活もストレスフリー!
天然歯と変わらない自然な使い心地を手に入れてみませんか?

インプラントとは

人工の歯を埋め込む治療方法
「インプラント」とは本来、体内に埋め込む医療機器や材料の総称のことですが、現在では一般的に「歯科インプラント」の意味で用いられています。
歯科インプラントは歯を欠損してしまった場合に用いられる治療方法で、顎骨に埋め込んだ人工歯根(インプラント体)の上に人工歯(上部構造)を装着します。
インプラントの構造は、骨の中に埋めるインプラント体(歯根部)、歯の部分に相当する人工歯(上部構造)、インプラント体と上部構造をつなぐアバットメント(支台部)の三つからできています。
インプラント体の材質には骨と結合しやすいチタンまたはチタン合金、アバットメントの材質にはチタン、チタン合金、ジルコニアなど、上部構造の材質にはレジン(プラスチック)、セラミック(陶器)、セラミックとレジンを混合したハイブリッドセラミック、金合金などが用いられます。

インプラントのメリット

しっかりとかむことができる
インプラント体と呼ばれる人工の歯根を顎の骨にしっかり結合させ、その上に人工歯を装着させるため、安定感に優れ強くかむことができるようになります。義歯(入れ歯)よりも自分の歯に近い自然な使い心地を得ることができます。

健康な歯を削る必要が無い
インプラント治療では健康な歯を削ったり、ブリッジなどのように他の歯に装置を装着することがないため、残っている歯に負担をかけずに治療をおこなうことができます。

見た目の良い歯を入れられる
生活レベルの向上に伴い、利便性や快適性さらに見た目の美しさが求められています。インプラントは自分の歯(天然歯)に機能や美しさを近づけることができます。

インプラントのデメリット

自由診療のため保険がきかない
インプラント治療は自由診療のため保険適用外になります。保険で治療ができる入れ歯やブリッジと比べると費用が高額になってしまいます。歯科医院の術前カウンセリングにて、費用や支払い方法について十分把握した上で治療方法を検討する必要があります。

血管や神経を傷つける可能性がある
インプラント治療は顎の骨にインプラント体を埋め込む外科手術が必要となってくるため、ブリッジや入れ歯よりも体への負担は大きくなります。また、手術により血管や神経を傷つける可能性があります。

治療期間が長い
インプラント治療には治療部位や口内状況によって異なってきますが、通常4~6カ月かかります。顎の骨に埋め込んだインプラント体が骨と強く結合するまでに期間が必要となるためです。

相場金額

インプラント治療は自由診療です。治療費は歯医者さんによって異なります。また、口内の状態、治療の方法、素材によっても違ってきます。「ぜんぜん知らないのも不安」という方のために、「相場はこのくらい」をお伝えします。

料金の詳細はこちら

【歯科医師監修】インプラントコラム

インプラント治療に興味はあるけど、どんな治療なのかわからない、費用はどれくらい?期間は?痛みはあるの?など、インプラント治療にまつわる疑問や不安について歯医者さんがわかりやすく説明いたします。

【エリア別医院紹介】インプラントコラム

インプラント治療を考えているけど、どこの歯医者さんにしたらいいのかわからない!ウチの近くにインプラント治療が出来る歯医者さんはあるの?といった方にハピスマ編集部がピックアップした歯医者さんをご紹介。あなたの希望にピッタリの歯医者さんを探してみてください。